唇に症状の出る性病と勃起障害の治し方

唇に症状がでるのは口唇ヘルペスという性病の一種で、この症状が女性器周辺にできると激痛を伴うので、痛み止めなどの服用が必要となります。ヘルペスはウイルスによる感染症なので抗生物質を服用しても効果はありませんが、抗ウイルス薬を投与することで改善させることができます。しかしヘルペスウイルスは神経組織に潜伏しているので、体調を崩して免疫力が低下すると唇などに症状がでる可能性があるので、再発には注意をしなければなりません。また唇にヘルペスの症状が出ている時にセックスなどをすると感染を広げてしまうので、妊婦はパートナーにヘルペスの症状がある場合にはセックスなどの粘膜の接触を控えなければなりません。ウイルスによる性病は細菌によるものに比べると少ないのですが、HIVのように治療が難しい物もあるので、早期に発見をして治療を開始しなければなりません。ウイルスによる性病は基本的には粘膜の接触や血液を媒介とした感染なので、インフルエンザのように大規模感染が起きる可能性はありませんが、患者の血液や体液などには注意をしなければなりません。勃起障害はペニスに血液が流れない場合と、ペニスの周辺の血管が劣化していて、動脈硬化を起こしているものがありますが、加齢による動脈硬化の進行で勃起障害を起こしやすくなるので、有酸素運動をしたり、野菜を多く摂取するなどして血管を強くする努力をしなければなりません。精神的なストレスが原因の場合は、ストレスを取り除いてから体を休養させることで勃起障害を改善することができます。また勃起改善薬を服用することでペニスの勃起が維持できるのでセックスに関する悩みがある場合には泌尿器科や男性専門のクリニックで薬を処方してもらうことができます。